妊婦や胎児への栄養として推奨されている葉酸を摂取することが出来ます。

MENU

妊婦は飲んでも大丈夫?

 

青汁はたくさんの野菜が使われているなど健康によいものだとは誰もが知るところだと思います。
しかし、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは、口に入れるものは赤ちゃんにとって大丈夫なものなのか、誰でも気になるところだと思います。
はたして青汁は妊婦さんが摂取しても大丈夫なものなのでしょうか?

 

青汁の安全性について

 

青汁は妊婦さんにオススメ

妊婦さん

青汁とはたくさんの野菜の栄養素がぎゅっとつまっているものです。
特に妊婦さんであれば、野菜の栄養素は多く摂っておきたいものです。
なぜなら妊婦さんの摂取した栄養素の多くは胎児に多く送られます。そのため赤ちゃんを宿している妊婦さん自体に栄養が足りなくなってしまいがちなのです。

 

青汁を効率よく摂取することで、胎児への栄養はもちろん、妊婦さん自体の栄養を摂取する事が出来ます。
妊婦さんは特にカルシウムや鉄分が不足しやすいですからそれらを補う事もできますしし、妊婦や胎児への栄養として推奨されている葉酸を摂取することも出来ます。

 

青汁を選ぶポイント

妊婦さんが青汁を選ぶときには、無添加であるものを選ぶようにしましょう。

 

妊娠中は特に添加物を避けておきたいものです。
添加物は蓄積されてしまうと胎児に悪影響を与えかねません。日本で作られた国産であれば、なお安心する事が出来ます。

 

無添加の青汁が飲みにくいのであれば、オレンジジュースに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりすると飲みやすくなります。
それでも厳しいのであれば、錠剤タイプの青汁を選ぶようにするとよいでしょう。
また、青汁の中には抹茶の成分が含まれているなど、カフェインが入っているものがあります。妊娠中はできるだけカフェイン入りを避け、ノンカフェインの青汁を選ぶようにしたほうがよいでしょう。

 

青汁を摂取することにどうしても不安がある方は、主治医に相談してから飲むようにするとよいでしょう。