花粉症の改善には青汁がおすすめ!

MENU

青汁の花粉症改善効果

現在、日本ではなんと国民の約25%が花粉症であるといわれています。
実に4人にひとりは花粉症に悩まされているのです。

 

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因でさまざまな症状を引き起こすアレルギー性の病気のことです
植物の花粉が目や鼻などの粘膜に接触すると、目のかゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。

 

花粉というアレルゲン(異物)を体外に排出するために身体が反応してこのような症状になるので、メガネをかけたり、マスクをつけたり、目薬や鼻炎薬を使ったり、耳鼻科に通院するなどで症状を和らげたり予防することもできますが、根本の治療が非常に難しいのです。

 

また、薬で症状が抑えられますが、飲むと頭がボッーとして眠くなって仕事や日常生活においても支障をきたしてしまうこともあるので悩んでいる方が多いと思います。

 

メガネやマスクでは治まらず、薬を飲めなかったり、飲みたくない人には青汁で花粉症の対策ができます。

 

青汁の主な原料であるケールに含まれる「フラボノール配糖体」と「糖脂質」が、花粉症の症状を和らげる成分であることがわかっており、このふたつの成分がアレルギーの活動を抑制する働きをしてくれます

 

またその働き以外にも、ケールの青汁は体の免疫力や抵抗力を高めるので、花粉症の症状を改善する効果も高いです。

 

身体の免疫力や抵抗力を上げるので、花粉症などのアレルギーに負けない体質に改善できるのです。

 

花粉症の症状があるときだけ青汁を飲んでも効果を感じることはできますが、免疫力と抵抗力のある体質にするためには、常日頃から青汁を飲んでおくのが良いでしょう。
花粉症に良いといわれるヨーグルトに混ぜて食べるとさらに効果があるようです。
青汁には二日酔い改善効果があるということの他にこんな働きもあるんですね。

 

 

花粉症の改善におススメの青汁を紹介します。

 

「ファンケル」の青汁

ケールを主原料にした青汁のメーカーである「ファンケル」では、青汁には花粉によるアレルギーの症状を抑制する働きがあることを公表しています。

 

それまで、ケールに含まれている「糖脂質」という成分が花粉症の症状を和らげることがわかっていましたが、それに加えて、ファンケルでは、「フラボノール配糖体」というケールに含まれている成分が花粉症の症状を抑制する働きがあることを解明しました。

 

「フラボノール」はポリフェノールの一種であり、血流を良くしたり、活性酸素を除去する抗酸化作用の働きがあると言われています。
「ファンケル」の青汁は1本に約40gのケール生葉を使用しているので、ケールの含有量が非常に豊富な高質の青汁です。

 

また、青汁の原料に使われている明日葉にも「カルコン」という栄養素がアレルギーの原因となる化学物質を抑えて、その症状を緩和する働きがあり、花粉症予防に効果が期待されています。