二日酔いは青汁で改善しよう!

MENU

青汁には二日酔い改善効果がある

どんなにお酒が好きでも、翌朝の頭痛や吐き気などに悩まされる二日酔いは、心身ともに不快になります。
また、お酒の飲みすぎで肝臓を悪くしないかと心配になります。
そこで、二日酔いや飲み過ぎの肝臓を守るために是非、青汁を飲むことをおすすめします。

 

青汁の原料に使われているケールは、アルコールを体内で分解する成分が含まれているので、二日酔いよる症状を和らげたり、飲みすぎて弱った肝臓の働きを助けます

 

また、ケールにはビタミンUが含まれており、胃を守る胃粘液を増加させるので、弱ってしまった胃粘膜を修復し、お酒の飲み過ぎで荒れた胃の壁の状態を回復する効果があるのです。
ですから、二日酔いの朝は、ケールの青汁を飲んで健康な胃を取り戻しましょう。

 

また、二日酔いの予防には、お酒を飲む前に、青汁を飲むのが良いです。
ケールのアルコールを体内で分解する成分は、肝臓への負担を減らして、肝臓の代謝の働きを果たすことで、飲み過ぎで弱った胃粘膜を修復するので、二日酔いが軽くなるのです。

 

そこで、ケールの青汁を飲めばアルコールが抜けるのを促すので、二日酔いの予防にもなるのです。
さらには、青汁はお酒の飲み過ぎで元気がなくなった身体に、ビタミンやミネラルの豊富な栄養も補えることができます。

 

是非、お酒好きにはケールの青汁を「お酒の友」として飲んでいただきたいと思います。
でも、くれぐれも飲みすぎには注意してくださいね。