青汁を飲んでダイエット効果があるのか、その真意を検証します!

MENU

青汁のダイエット効果

青汁を飲み始めた方からよく聞く声は、「お通じが良くなった」ということです。

 

青汁の主原料になっている
「ケール」
「大麦若葉」
「明日葉」
は緑色であることからもお分かりいただけるかと思いますが、
なんといっても食物繊維が豊富です。

 

食物繊維を摂ることで便通が良くなり体重の減少につながっていくようです。

特にケールの食物繊維量は、ごぼうよりも多いと言われています。

 

また、現代の日本人は、食の欧米化が進み、肉を中心とした食事に偏りがちで食物繊維が圧倒的に不足していることがあらゆる生活習慣病につながっているといわれていますので、体重減少に合わせて生活習慣病の予防もできてしまうという頼もしいアイテムなのです。

 

さらに、この3種はビタミンも豊富です。

ケールはビタミンC
大麦若葉はビタミンB
明日葉はビタミンAやビタミンE
といったようにブレンドされている原材料でビタミンもバランスよく補充できるのです。

 

風邪予防や、疲労回復、集中力維持、皮膚の保湿など普段の生活でもなくてはならないビタミン類は運動をすることによってたくさん消費しますから、新鮮な原材料をそのまま使った青汁なら安心してごくごく飲んで補給できます。
豆乳とブレンドして運動直後に飲むと傷んだ筋肉の修復を早める効果も期待できます。

 

もう一つ忘れてはいけないのは、むくみがとれてスリムになることも健康的なダイエットの結果となるのではないかと思います。
むくみとは、簡単にいうと血液やリンパ液の流れが悪くなり、からだのあちこちに水分や老廃物がたまってしまうことです。
むくみの原因はさまざまですが、「私はむくみ体質だから・・・」などとあきらめてそのまま放置しておくと、落ちない脂肪がセルライト化してどんどん代謝が悪くなり痩せにくい体質になってしまうのです。
血液やリンパ液の流れをよくすることを維持し続けるにも青汁の成分が効果的です。
カルコンという成分が特に明日葉には多く含まれていて、老廃物を出す働きをしてくれるのです。