コラーゲンが入っている青汁はどのような効果があるのかまとめました。

MENU

コラーゲン入り青汁

コラーゲンをわざわざ青汁にいれなくても、青汁だけで健康維持ができるし、食物繊維はダイエットも期待できる。

 

では、コラーゲンが体内に不足するとどうなるのか?

 

コラーゲンは、人間の皮膚や臓器などあらゆる組織の細胞と細胞をつなぎとめる役割をしており、一つ一つの細胞に境目をつくり正しい配列を維持しています。

 

また、各組織の水分保持、ハリや柔軟性を維持する役割もあります。
化粧品にコラーゲンが入った商品が多くあるのは、肌のハリや柔軟性をアップさせる目的があるからです。肌の調子があがれば、見た目の年齢もぐっと若く見えますよね。

 

皮膚や、髪の毛など私たちが自分の手で触れることができるような組織は化粧水などでフォローできますが、臓器など体内のコラーゲンが不足すると、細胞を守る壁のような役割が低下してしまいます。すると、細胞にウイルスなどが侵入しやすくなり、病気にかかりやすくなることもあるのです。

 

また、骨は簡単に説明するとコラーゲンにカルシウムが絡みついて固くなったものですので、不足したのでは骨がもろくなり骨折しやすくなります。しかも、骨と骨をつなぐ軟骨はコラーゲンが主成分ですので不足すれば関節痛の原因にもなります。

 

体内のコラーゲンを維持するには食事が一番です。

しかし、コラーゲンが多く存在する食材というのは、魚や豚、牛、鶏などで脂も比較的多い食材であるため、栄養バランスが偏ってしまいます。
また、海藻にはコラーゲンがありません。
ニンジンや大豆などにもコラーゲンがありますが、化粧品の原料になる程度です。

 

青汁は植物を原料としていますので、それだけでコラーゲンを摂ることはかなり難しいことですので、コラーゲンがプラスされた青汁は効率よい食品であることは間違いないのです。

 

コラーゲン入り青汁の販売メーカーごとに原材料の表記がばらばらです。
魚や豚と表記されているのもあれば、低分子などと書かれているものもあります。
納得できる情報を選び、あなたにあうコラーゲン入り青汁を見つけてください。